和田アキ子の許しがたい壮絶な「後輩イジメ」

 

 

今年のNHK『紅白歌合戦』に落選した和田アキ子に対して、ネット上では「NHKの決断は正しかった」という声が大勢を占めているように思える。
これまでも複数のメディアのアンケートで「嫌いな女性有名人」の上位にランキングされてきたのだから、当然の反応ともいえる。
和田アキ子が嫌われている理由としては上から目線の態度のでかさが一番の要因だが、後輩に対してもかなりひどい仕打ちを繰り返しているという。
和田アキ子の壮絶すぎる後輩イジメの実態とは…

筆者は、80年代の漫才ブームで一世を風靡した「B&B」の島田洋七に対して和田が行ったイジメを決して忘れない。

 筆者が洋七とビートたけしの3人で飲み歩いて、六本木のゲイバーに寄ったときに、偶然、和田と遭遇した。

 酔った和田は洋七を自分のテーブルに呼びつけて「こいつは頭を叩くと、舌をペロッと出すんや。おもろいやろ」と頭を叩き続けた。

 芸能界では和田のほうが先輩のため、洋七はグッとこらえていたが、さほど親しくもなかった人間にそんなことをされて屈辱を感じたに違いない。筆者が「ふざけて人の頭を叩くもんじゃない!」と激怒したために和田は叩くのをやめたが、いくら酒が入っていたとはいえ、傲慢すぎる愚行だ。しかし、その後も“アッコファミリー”と飲むときはそんなことを繰り返し、周囲はそれをとがめないから、和田の勘違いも増幅してしまったのだろう。

 その結果、紅白落選の現実を受け止められず、愚痴をこぼすような情けない状況を生んだのだ。“アッコファミリー”を率いて大きな顔をしてきたのだから、こういうときもドシンと構えて、せめて「後輩の歌手に出場のチャンスができた」くらいの強気のコメントを出しておけば、まだ救われたはずだ。

 だが、和田はその見た目に反して、器の小ささを露呈した。これでは紅白のみならず、芸能界での居場所はどんどん少なくなっていくのではないだろうか?
http://news.livedoor.com/article/detail/12378745/