この差は何!?不倫&二股報道のマギーと1年前のベッキー 「事務所の力って、すごいなあ…」

 

 

写真週刊誌「FRIDAY」に不倫&二股交際疑惑を報じられたモデルのマギーさん(24)が、スキャンダルが明らかになった後もテレビ番組やイベントへの出演を続けている。

彼女のSNSに寄せられる批判の声も、そこまで過熱していない状況だ。

一方、ちょうど1年前の2016年1月の週刊文春で「ゲス不倫」を報じられたタレントのベッキーさん(32)は、いまだ「完全復帰」への途上にある状況だ。

同じハーフタレントなのに、いったいなぜ、2人の間にはここまでの「差」が付いたのだろうか。

マギーさんは報道後もSNSを更新中

マギーさんの不倫スキャンダルは、2017年1月13日発売(首都圏など)のフライデーで報じられた。記事によれば、お相手はパンクバンド「Hi-STANDARD」の横山健さん(47)で、2人が交際を始めたのは16年8月頃だという。

そんなマギーさんをめぐっては、16年9月発売の「女性セブン」でも、ロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATOさん(32)との熱愛報道が出ていた。今回のフライデー記事の中では、こうしたマギーさんの「恋愛事情」について、

「カブッタ時期はありましたが、最終的にマギーは横山さんを選んだ」

という関係者の話を伝えている。つまりは、「不倫」と「二股」を同時に行っていた時期があったというのだ。

こうした「不倫&二股スキャンダル」が出たにも関わらず、マギーさんを批判する声は少ない印象だ。

本人は報道後もツイッターやインスタグラムの更新を続けているが、投稿に寄せられる批判的なコメントは100件程度におさまっている。

一方、同じハーフタレントで、似たような「不倫疑惑」が取り沙汰されたベッキーさんは、報道当初から異常ともいえる猛批判を浴びていた。

当時は、ベッキーさんを擁護した芸能人にまで批判の矛先が向いたり、過去のブログやツイートが蒸し返されて批判されるなど、まさにネット上は「総たたき」といった状況になっていた。

実際、ベッキーさんのツイッターには17年1月19日までに、少なくとも1万件以上の批判的なリプライ(返信)が送られている。

ロンブー淳「ベッキーは不倫マギーは熱愛」

そんな2人の「差」を不思議に思う人は多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「ベッキーはあんなに叩かれてたのにマギーはそうでもない。この差はなんだろう」

「マギーとベッキーのこの差ってなんですか」

「ベッキーはあんなに騒いだのにマギーは騒がれない」

といった書き込みが数多く出ている。こうした疑問の声は、マギーさんが1月16日放送のレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日テレ系)に、騒動前と変わらずに生出演したことでさらに強まったようだ。

こうした状況には一般ユーザーだけではなく、芸能人からも「違和感」を示す声が出ている。お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(43)は13日のツイッターで、

「ベッキーは不倫 マギーは熱愛… なんでだろ?」

と一言。また、お笑い芸人の土田晃之さんも1月15日放送のラジオ番組で、

「去年の今頃は、ベッキーじゃない?でも、マギーはそうでもないのね。このまま、そんなに何もなさそうな感じで、終わりそうだよね。でも同じでしょ?相手の方もミュージシャンで、ご家庭もあってさあ」

と疑問を述べていた。

芸能評論家「ベッキーとマギーでは役者が違う」

なぜ、2人への批判度合いにここまでの差が出ているのか。芸能評論家の肥留間正明氏はJ-CASTニュースに対し、

「一言でいえば、知名度と社会的影響力の差です。

多くのCMやレギュラー番組を抱え、誰もが知るタレントのベッキーと、今回のマギーでは役者が違います。言っては悪いけど、『月とすっぽん』ですよ。批判の度合いが違う理由は、もうそれに尽きます」

と話す。その上で、ベッキーさんの批判が過熱した点については、

「会見でのウソやLINE流出など、一連の騒動にドラマがあった。加えて、ベッキーは好感度が重要なCMタレント。そうした意味では、『たたきがい』があったと言えるのではないでしょうか」

としていた。

なお、インターネット上では、今回のマギーさんの不倫疑惑を取り上げるメディアが少ないとして、「所属事務所の圧力がかかっているのではないか」と疑う声も広がっている。こうした点について、比留間氏は、

「ベッキーの時は『書けば売れる』といった雰囲気があったが、今回はそうでもない。スポーツ紙やワイドショーも、わざわざ紙面や尺を割くほどの話ではないと考えているのでしょう」と笑っていた。

[via:http://www.j-cast.com/2017/01/19288543.html]

不倫ワードを回避した事務所圧力!?

「同じタイミングで『週刊新潮』(新潮社)で報じられた袴田吉彦(43)とグラビアアイドルの不倫はテレビでも取り上げられたのに、マギーの件は完全にスルー。後追いメディアは皆無でした。

マギーが所属する大手芸能事務所・レプロの“圧力”が指摘されています」

後追い報道がないこともさることながら、そもそも『フライデー』の報じ方にも“違和感”があった。

「フライデーは『不倫』というワードを使わずに『禁じられた愛』と表現しており、そこにはレプロ側の意向が関わっている可能性が高い。

タレントが広告やCMでクライアントと契約を結ぶ際、『不倫など公序良俗に反する行為の禁止』という項目があり、今回のようなスキャンダルは本来ならアウト。

しかし、報道されるにしても、事務所が最後の抵抗として『不倫』というキーワードを外すよう、マスコミと駆け引きを行うことがある。

過去にもさまざまな事務所が、似たような事例で不倫を『禁断愛』など別の言葉に差し替えてもらってきた」(芸能プロ関係者)

だが、いくら事務所が庇っても、ネット上では完全に「ゲス不倫」と言われている状況。それでもマギーは、圧力とスルー対応のみで許されるのだろうか。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1262326/]

ネットの反応

・マギーは不倫したけど何か?でおしまいw
・バーニングがついてるかいないかの違い
・確かに差がありすぎw
・ベッキーは涙目会見からのラインでの裏の顔のコンボだったしな
・不倫そのもので叩かれてる訳じゃないしね
・フライデーのあの記事じゃ、ちょっと弱かった ベッキーの時みたいに明確な証拠がない
・LINEが面白すぎたからだろ
・今まで作ってきたキャラクターとの落差+発覚後の腹黒さ
・ベッキーは優等生気取りしていたからな。マギーは肉食だと言っていた。
・マギーはウソをついていない。ベッキーはウソに嘘を重ねまくっている