歌手のASKA

写真拡大

 東京地検は19日、先月28日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(58)を不起訴とした。間もなく警視庁東京湾岸署から釈放される。

 ASKAは11月25日午後7時ごろ「盗撮されているから確認してほしい」などと自ら110番。警察官が自宅を確認したが、盗撮の事実はなく意味不明な言動をしたため、任意の尿検査を要請。尿が微量だったため検査キットによる鑑定は行わず科学捜査研究所に回された。

 28日、陽性反応が出たことからテレビで「逮捕する方針」と報道されると、立て続けに4度ブログを更新し潔白を主張する異例の展開を見せたが同日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。2014年9月、同法違反などの罪で有罪判決が確定し、現在は執行猶予中だった。

 東京地裁は今月9日、勾留を10日から10日間延長する決定。期限は19日になっていた。