高畑裕太の被害女性の余罪、金澤朋子の写真文春過去をもみ消していた可能性が浮上【画像】

 

c16fea6b-s






 
2016年9月2日(金)放送、フジテレビ系「とくダネ」

世間を大きく騒がせている俳優の高畑裕太の事件を取り上げ、事の重大さ、世間への影響の大きさを伝えた。加害者が有名人だけに、事件そのものが世間の関心を引き、大事件になってしまっている。被害女性も、弁護士を立てて示談に持って行けば、数千万はもらえたのに、勇気を持って事件を公にしたことは、同じような被害で悩んでいる女性に勇気を与えた。

CqhdvN7UAAEAF0o

「とくダネ」では高畑裕太の手慣れた手口を説明し、犯行後は逃げずに熟睡、罪の意識は全くなしの常習犯の疑いが極めて強いという見解を示した。二次被害を拡大させないために、深澤真紀キャスターが「被害者の方はどれ程怖かったことか。」と思いやり、森本さやかアナが「余罪があるのではないかと疑ってしまいますね。」と高畑裕太の余罪にも注目すべきと示唆した。

510752_pcl

高畑裕太の手慣れた手口には、これまでにも余罪があるのでは?と憶測が流れている。

そうでないと、これまで22歳でいきなり、地方のホテルで手慣れた手口で呼び出して犯行に至らないはず。普通、短絡的な犯行で従業員を襲うなんて考えられない。まともな男性なら、本当に相手が恐怖して拒絶してたら、気持ちがひいてしまう。なので、森本さやかアナが高畑裕太に「余罪、もみ消しの前歴がある可能性が極めて高い」と判断して発言したのだろう。

510752_pcl

事件がたって1週間以上たつのに高畑裕太の続報がない。
本人が容疑を認め、犯行現場も特定されているし捜査も楽だろう。それなのに、検査結果も出てるはずなのに、警察からなんの発表もない。

もしかしたら余罪について追及している可能性がある。
高畑裕太は番組共演者に抱き着いたり、自身でも「性欲が強い」と発言していた。共演者に痴漢、強制わいせつがまいの行為、セクハラ行為などは余罪に含まれる。大物女優の息子ということで現場では「容認」られていたのも事実。共演者からはあまりのセクハラに恐怖を感じる人もいたようだ。
01

高畑裕太の部屋にはJuicy=Juicyの金澤朋子(かなざわともこ)のアイドル写真が貼ってあり、ファンだったことが発覚している。

その写真が高畑裕太の自宅の部屋で撮影されたもの。
実は、金澤朋子は2016年に子宮内膜症で治療を受けていたと文春に記事が掲載された過去がある。その時期が「高畑裕太の自宅で撮った写真と時期」が被るようだ。なので、金澤朋子は病気が原因ではなくて、高畑裕太に性的被害を受けたのでないか?と2chでも話題になっている。

takahatayuta-heya

20140306-002026-071

金澤朋子は、治療以降も突発的な頭痛や目眩、吐き気の症状が出ていたと明かしているため、性的被害にあっている可能性が高い。 これが写真集や市販されたポスターなら何ら問題ないのだが、自宅での写真となると、誰もが想像する結果になって当然。

金澤朋子は友人として合意の上で、高畑裕太の自宅を訪れ、部屋に入ったかどうかは本人に確認していないのでわからない。しかし、今回のように被害女性が出ている以上、疑われてもしょうがない。

高畑裕太は発達障害のADHDではないか?という噂が出ているし、過去にTVのドッキリに掛けられていた時の行動言動は精神的に問題があるのは見ている視聴者からもみてもわかる。あまり物事に対する良し悪しの分別と言うのが分からないタイプなのだろう。

それに、DAIGOと結婚した女優・北川景子が高畑淳子と親戚であることも最近公表している。北川の祖母と高畑の母が「いとこ」で、高畠の祖父と北川の曾祖父が「兄弟」ということなので、幼いころから二人は親交があった可能性があり、高畑裕太の性的被害を受けていた可能性もある。

今回の報道はマスコミの暴力に近く、被害女性が特定出来ないような配慮があってしかるべきなのに、数字が欲しくてギリギリまで取材。報道から「40代」でジュディマリのYUKIに似ている女性とまで公開している。さらに「40代が誘った」とか「若い有名人を誘ったんだろう」などの心無い書き込みも2chでは多く見かける。

高畑裕太のやったことは許されることではないし、余罪も多くあり、追及されるべき事件。自分で認めているので間違いなくクロだが、高畑淳子もシングルマザーで懸命に育てたあまり、「甘やかしてしまった」と批判を受けている。役者を続けながら、子を育てるのはかなり労力のいることだっただろう。

高畑裕太には、罪を償ってもらい、余罪を洗いざらい自白し、一生被害女性に償って生きていってもらいたい。

この記事が気に入ったら
いいね!をしてね