【最新 小林麻央 現在の病状】 最新 9月をブログKOKOROで告白!肺や骨にがんが転移!ステージ4の末期がんで余命は?!

 

2016061300249_1






 

2016061300249_1

小林麻央 現在の病状 最新 9月をブログKOKOROで告白!肺や骨にがんが転移!ステージ4の末期がんで余命は?

これから
「小林麻央 現在の病状 最新 9月をブログKOKOROで告白!肺や骨にがんが転移!ステージ4の末期がんで余命は?」について、
書いていきます。

現在、
進行性乳がんで闘病中の
小林麻央さんが、

9月20日に自身のブログで衝撃的な内容を
更新しました。

小林麻央さんは
2年前のがんの再検診で乳がんのほかに
わきのリンパ節転移をしていたことを明かしていました。

そして、
現在、さらに状況は悪化し、

肺や他にまでガンが
転移していることを明らかにしました。

ガンが
乳房差だけではなく、

脇、肺、骨と
この2年間で急激なスピードで転移していることが
わかりますね。

肺や骨にまで転移している以上、
小林さんの現在の乳がん病状はステージ4の

末期がんと考えられ、
非常に厳しいものと考えられます。

告知日、

診察室に入った時の先生の表情で、
「陽性だったんだな、
がんだったんだな」と分かった。

心の準備は意外とできており、
冷静に先生のお話を伺った。

この時点では、
まだわきのリンパ節転移のみだった。

小林麻央さんのがんが
公になり、その日のうちに夫である
市川海老蔵さんは緊急記者会見を開きました。

現在の小林麻央さんの
病状を聞かれると

「非常に悪い」と述べるにとどまり、
小林麻央さんの進行性乳がんのステージや余命、
5年生存率には一切、触れませんでした。

そのことから
小林麻央さんの現在の病状について、
非常に心配の声が上がっていました。

がんの進行状況の

「肺や骨などに転移あり」ということから、

小林麻央さんの
乳癌はステージ4に入ったと考えて、
間違いないでしょう。

ネット上では、
小林麻央さんに対する
激励のコメントがたくさん寄せられています。

「こういう時こそ、奇跡という言葉を使いたい。」

「胸が詰まる……」

「厳しいなぁ、奇跡が起こることを願う。」

がん細胞が
全身に転移しているということで、
非常に厳しい状態になっていることは、

ネット上の皆さんは、
察しているような印象があります。

そして、
皆さんが願っていることはただ一つだけです。

小林麻央さんが
肺や骨など全身にがんが転移しているにも関わらず、

奇跡の
回復を願う声ばかりです。

小林麻央さんの
乳癌はステージ4に入ったと考えて、
間違いないですが、

小林麻央さんの
乳癌はステージ4とは、
どのような状態なのでしょうか?

乳癌ステージ4の症状とは?治療法や気になる生存率など全てを徹底解説!

ステージ4は乳癌の最終ステージで、
「遠隔転移乳癌」「末期がん」と呼ばれ、
乳癌が骨、肺、肝臓、脳へ転移が広がっている段階です。

小林麻央さんのブログKOKORO

9月20日の更新

「肺や骨にがんが転移」

から考えて、
小林麻央さんの
乳癌のステージ4に入ったことは間違いありません。

末期がんの状態です。

乳癌のステージ4に入った場合、
薬物療法や抗がん剤治療、

ホルモン療法が中心となる場合が多く、
手術は選択されない場合が一般的です。

ステージ4はどんな状態?転移による症状の表れ方は?

ステージ4は
乳癌以外の臓器への
転移が見られることが最大の特徴です。

病巣から離れた臓器に転移することを
「遠隔転移」といい、血液に乗ったがん細胞が
臓器で増殖をすることを指します。

小林麻央さんも

「肺や骨にがんが転移」

ということで、
末期がん状態である
ステージ4にあることは明らかです。

症状の表れ方は臓器によって異なり、
自覚症状や初期症状があまりない
臓器もあり進行が進んでいる場合もあります。

では乳癌から転移されやすい
臓器や転移した場合の症状を解説していきます。
乳癌は骨転移の頻度が高いことが特徴!

乳癌において転移する
可能性が最も高い箇所が骨と言われています。

約30%の患者さんは最初の転移が骨で見つかり、
乳癌を再発する患者さんは半数以上に
骨転移が見られることがあります。

小林麻央さんが
進行性乳がんと仰っていたように、
ガンの進行が思っていたよりもずっと早いようですね。

転移の表れる骨は、
腰椎、胸椎、背骨、骨盤、肋骨、頭蓋骨、上腕骨、大腿骨とされ、

肘から手首や指、
ひざから下の足首や足指への転移はほとんどないとされています。

では骨転移に至った際は
どのような症状があるのでしょうか?

小林麻央さんが、
今、乳癌ステージ4ということで、
どのような病状なのか非常に気になりますよね。

以下に骨転移に
見られる体の症状について解説していきます。

痛み

転移が生じた箇所に
痛みを感じます。

始めは軽い痛みで、
次第に強い痛みに代わっていくようです。

腰骨の転移の場合は腰痛、

胸骨の場合は背中、
大腿骨は股関節や太もも
、骨盤の場合は腰の骨周辺、腕骨の場合は腕の痛みとなって表れます

体を動かしたり、
叩いたり体勢を変えたときに痛みが生じるようです。

骨折

癌細胞は骨を破壊する
破骨細胞をの活動を活発にしてしまうため、
骨が弱くなり骨折が生じやすくなってしまいます。

病気による骨折を「病的骨折」といい、
体重をかけただけ、

体勢を変えただけといったちょっとした動きで
骨折してしまう可能性があります。

とても激しい痛みが生じ、
場所によっては立つこともできません。
高カルシウム血症

破骨細胞の活発化によって
骨の中のカルシウムが血液に溶け出してしまうため、

血液中のカルシウム濃度が高くなり、のどが渇く

、便秘、食欲減退、疲労、
吐き気、腹痛、多尿などの
症状が表れます。

重度になると意識混濁や、
幻覚、昏睡を伴う恐れもあると言われています。

脊髄圧迫
背骨の内側にある神経の束が、
癌による破壊や骨折で圧迫することによって
「脊髄圧迫」を引き起こす場合があります。

脊髄は運動や手足の動作を伝える脳から
連続する中枢神経で、この神経が圧迫されると
しびれや、筋力低下、麻痺が起こりやすくなります。

圧迫状態が続くと
回復が望めない可能性も出てきますので早急な処置が必要とされます。

小林麻央さんが、
今、乳癌ステージ4ということで、

全身に痛みが生じるなどの
非常に厳しい病状が小林麻央さんに襲い掛かっているようですね。

非常に厳しい病状にもかかわらずに、
毎日、ポジティブな発信をされていたり、

昨日の
敬老の日に関しては、
全国のおじいちゃん、おばあちゃんに
長生きしてほしいという風に、

自分のことよりも
他人の幸せを思いやる
小林麻央さんのブログKOKOROの
毎日の更新になっています。

肺へ転移すると息苦しさや咳が出る
乳癌に限らず癌細胞は血液にのって転移する為、
肺を通過した血液によって肺への転移する恐れがあります。

これを転移性肺がんといい、
毛細血管が張り巡らされている肺は
がん細胞が引っかかりやすい為
比較的転移しやすい臓器ともいわれています。

さらに進行すると胸の痛みや、
声枯れ、血痰、胸膜で胸水と言った症状が表れます。

胸水は癌細胞が胸膜で増殖し肺に
水がたまる症状のことで「がん性胸水」といい、
息苦しい、背中やみぞおちが痛いなどを訴えることがあると言われています。

小林麻央さんは、
ブログKOKOROということで、

心の準備は意外とできており、
冷静に先生のお話を伺った。

この時点では、
まだ脇のリンパ節転移のみだった。
(その後、現在肺や骨などに転移あり)

日々の
上記のような症状から
ネットなどの情報を通じて、

自分の
乳癌は、
ステージ4に入っていることを
確信していたのではないでしょうか?

小林麻央さんは、
苦痛と闘いながらも、
自分の生きざまを
必死にブログに書き記そうとされています。

乳癌ステージ4の治療方法は?手術はできるの?

乳癌ステージ4では、
どのような治療が行われるのか?

治療方法は
どちらのタイプの乳がんかによって異なります。

1.がんの遠隔転移が認められた場合
積極的な手術は行いませんが、

ほかの臓器の切除が可能であれば患者さんの希望を
聞いて手術を行う場合があります。

基本的には化学療法、
ホルモン療法、放射線療法などを組み合わせます。

化学療法

抗がん剤を使用し、
がん細胞を死滅させる方法です。

乳がんはほかの
がんに比べると化学療法の効果が期待されています。

乳がんに効果がある組み合わせが確立していますので
、腫瘍が小さくなることが期待できます。

抗がん剤は他の正常な
細胞も攻撃してしまうため、
激しい副作用が出てしまいます。

使用する薬剤によって副作用は異なりますが
、吐き気、脱毛、白血球・血小板の減少、閉経などが確認されています。

小林麻央さんは、
すでに激しい脱毛などの
目に見えるほどの抗がん剤による副作用が見られます。

これ以上、
小林麻央さんを苦しめるような
抗がん剤の投与を進めれば、

小林麻央さんを
さらに苦しめるようになり、
市川海老蔵さんをはじめとする
家族の方に大きな心配と不安を与えてしまいます。

これ以上、
抗がん剤治療はしてほしくないと、

小林麻央さんの
ブログKOKOROから感じてしまいました。

ホルモン療法

乳がんの発生には女性ホルモンが関係していて、
約70%の乳がんに女性ホルモンの受容体があります。

受容体が存在すればホルモン療法が選択でき、
進行したがんにも効果があることが証明されています。

薬剤の種類は閉経しているか
どうかで変わってきます。

経口投与や注射で続けていく必要があります。

長期間使い続けると子宮がん、
血栓症、骨粗鬆症などの合併症が起こる可能性が出てきます。

しかし化学療法よりも副作用が少ないため、
患者さんの負担が軽くできます。

今の
小林麻央さんの
抗がん剤治療による副作用のことを考えると、
化学治療よりもホルモン治療の方が良いと思いますね。

乳癌ステージ4の生存率や余命はどのくらい?

ステージ4の生存率や余命は
私をはじめとして、小林麻央さんの
ブログKOKOROをご覧の方が、
一番気になるところではないでしょうか?

現在は医療の発達や民間療法が充実し、
様々な選択ができるようになってきています。

何よりも
患者さん本人やご家族の方が
納得できるを選択していけることが大切です。

数値や症例も
目安としてみるのには必要な場合もありますが、
あくまで目安と捉えていただけたらと思います。

乳癌の再発による
余命に平均はありません。

手術によって
目に見える乳癌を完全に取り去り、

術後に放射線治療を行い目に
見えなないがん細胞を根絶する方針
が一般的なようですが、他の臓器にすでに転移している場合は
手術ができない可能性が高くなります。

また、
乳癌はほかの臓器の
がんに比べて再発の可能性が少し高いともいわれています。

特に術後3年以内が
再発や転移の可能性が高いとされていて、

再発した患者さんの
70%が術後5年以内だともいわれています。

しかし5年を過ぎたら安心というわけではなく
、10年以上たって再発が起こるケースも決して稀ではありません。

癌の種類によっては
休眠タイプの細胞があることもわかっており、

休眠タイプの癌細胞には
放射線治療の効果がないと言われています。

このように癌細胞には様々なタイプがあり
、医師であっても余命を診断することは難しいとされています。

実際に余命半年を
宣告されても何年も
何十年も生きる人は多くいます。

また、医療の進歩や民間療法などの充実性も高まっており、
今後ますます余命の信憑性は崩れていくでしょう。

ただ、
今の小林麻央さんの
ブログKOKOROを見る限り、
非常に厳しい感じがしますね。

小林麻央さんの
顔の表情は
ブログを始めた9月1日よりも

ずっとずっと
悪くなっているような感じがして、

9月19日の
顔画像から
相当な乳癌が悪化しているのではないかと思います。

正直な話、
年内大丈夫かどうかというのが、
個人的な感想ですね。

ガンが、
全身に転移して、
かなり厳しい状況だと思いますが、

私も
ネット上のコメントを寄せている皆さんと同じように
小林麻央さんの奇跡の回復を心から祈ります。

5年生存率

生存率とは、疾患の予後5年経過した時点で
生存しているかの指標を言います。

乳癌のステージ4に
おける5年生存率は約26~42%と言われています。

しかし、
この数値は各医療機関や医師の症例数に
よって異なりますのであくまで目安です。

10年生存率

乳癌ステージ4におけ
る10年生存率は約13~15%と言われています。

こちらも5年生存率同様あくまで目安です。

これまで述べてきたように癌のタイプは個々に異なり、4
センチ以上の癌を持っていても何十年も生きる人も大勢います。

数値にとらわれないことが大切です。

小林麻央さんの
笑顔や優しさが癌を消すことだってある!

「笑顔や笑いは癌を制圧する」という
言葉があるように、
明るい気持ち、優しい気持ちでいること、

ポジティブな心は時に
病期を消滅させるほどの効果を持つと言われています。

小林麻央さんが
かなり厳しい状況にもかかわらずに、

9月のブログKOKOROでは、
ポジティブな発信と、
笑顔で周りの人たちを和ませてくれる発信をされています。

小林麻央さんの
笑って、そばにいて、手をにぎる…

そんな些細なことが
最新医療にもできなかったことを
実現させてくれて、

奇跡の回復を
見せてくれると皆さんと信じましょうね!

以上、
「小林麻央 現在の病状 最新 9月をブログKOKOROで告白!肺や骨にがんが転移!ステージ4の末期がんで余命は?」について、
でした。

最後まで、
ご覧いただきましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!をしてね