北朝鮮4人家族の生活費は1万1000円、金持ちは「サウナ不倫」

 




 

<韓国の統計庁が「2016北朝鮮の主要統計指標」を発表。そこから浮かび上がる圧倒的な南北格差、北朝鮮庶民の生活とは> (写真は平壌で金日成・金正日親子の銅像に敬意を表する母娘)

 韓国の統計庁は15日、「2016北朝鮮の主要統計指標」を発表した。100パーセント正確な統計とは言い難いが、北朝鮮統計指標としては10年、それ以前の「南北経済社会像比較」まで含めると21年目となり、比較資料としての価値があるデータだ。

 統計指標は全2章で構成されており、第1章では29の項目においてグラフを用い、分かりやすく南北を比較している。続く第2章では絶滅危機の動物の種類から携帯電話加入者にいたるまで、100を優に超える詳細な統計が整理されている。いくつか気になる項目を見てみたい。

「覚せい剤ダイエット」も

 まず、人口は北は2477万、南は5101万と2倍以上の開きがある。ただ、北の人口統計を見ると、数十万人から一説には100万人以上とも言われる餓死者を出した1990年代後半の「苦難の行軍」期も人口が増えており、現在の数は実際にはもっと少ないとの見方が強い。

 次に、最新の国連制裁である安保理決議2321号で輸出上限が設けられた石炭生産においては、北の2749万トンに比べ、南は176万トンと大きな開きがあることが分かる。ただ、化学繊維の生産においては北はわずが2.3万トンであり、134万トンの南に大きく差を開けられている。

 さらに自動車の生産では北の3.5万台に対し、南は455万台と100倍以上の差がある。韓国は付加価値の高い生産で大幅に北朝鮮を上回っている。当然、貿易総額も北は62.5億ドル(約7300億円)で、南の9632億ドル(約110兆円)の150分の1だ。輸出に限ったら200分の1にまで差が広がる。経済規模は比べ物にならない。

 それは個人の所得にも表れている。北の1人当たりの国民総所得(GNI)は139万韓国ウォン(約13万5千円)で、南の3094万ウォン(約304万円)の4%に過ぎない。朝鮮半島が南北に分かれて70年が経つが、経済発展の競争では完全に南側が勝利したといえる。

 今回の統計によると、北朝鮮の国民は毎月11万5000韓国ウォン(約1万1000円)で生活していることになる。この数字は現実と合致しているのだろうか。北朝鮮国内の実態と比較してみる。

 デイリーNK編集部が韓国内で定期的に行っている、1年以内に韓国に来た脱北者へのインタビューによると、現在の北朝鮮で家族4人が1日3食をきちんと食べ、衣食住に大きな不足が無い生活をする場合に必要な金額は、毎月400元(約6700円)から700元(約1万2000円)だ。

 これくらいの現金収入があれば、月に数度ではあるが豚肉が食べられ、季節にあった服を着ることができる。平均1万1000円(約650元)という韓国発表の統計はこの範囲に収まっているため、妥当と見ることができる。

 ただ、見逃してはいけないのはあくまで平均であるという点だ。北朝鮮の経済構造は歪で、貧困層の女性が売春で家族を養うなどの現象は過去より増えているとも言われる。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち)

 人権無視の過酷な労働環境を承知で、海外派遣に応じる労働者が少なくないのも同じ事情からだ。

 北朝鮮の事情をよく知る脱北者記者のミン氏(仮名、40代男性)は、「400元以上を稼げる住民は、全体の6割程度に過ぎないだろう。そのほとんどは、商売がある程度の規模で行われている都市部で生活する人のはずだ」と推測する。

 ミン氏はさらに、平均以下の収入で生活する住民は「農村部に住む農民が多い」と指摘する。その上で、「農民は農地にしばりつけられ、報酬も農作物で支払われるなど現金収入を満足に生み出せない構造のなか、封建時代の農奴のように働かされている。彼らの困窮ぶりに注目するべきだ」と警告する。

「2016北朝鮮の主要統計指標」に、北朝鮮の農村人口の割合は出ていない。2008年以降は空白のままである。ただ、2008年以前の数値を見ると36.8%とある。北朝鮮は軍や首都・平壌への食糧配給を優先しているため、今もこの水準を大きく外れることはないだろう。

 その一方、富裕層の間では「サウナ不倫」や「覚せい剤ダイエット」などの退廃的な流行が起きている。北朝鮮のサウナには、「夫婦湯」と呼ばれるVIPルームがあるのだが、本来は夫婦であることの証明がなければ入れないのに、富裕層はカネに物を言わせ、愛人と入り浸っているのだ。

(参考記事:北朝鮮で「サウナ不倫」が流行、格差社会が浮き彫りに)

 このように貧富の差が広がっているため、平均的なデータだけで北朝鮮の人々の暮らしぶりを判断することは、年々難しくなってきている。今回のような統計を引用する際には気をつけたいところである。

この記事が気に入ったら
いいね!をしてね