ロンブー淳のメガネ理由の病気、サングラスの真相がやばい【画像】

 


まだデータがありません。

 

ロンハー新企画の美女の原石をプロ技で大変身「ダイヤの原石」

容姿が優れた女性は、小さい頃からチヤホヤされ、顔に自信があればオーディションを受けたり、街中でスカウトされるが、しかし、それは都会での話であり、田舎ではほとんどありえない。

閉鎖的で保守的な田舎では芸能人になろうとしても自ら応募し、元々の性格が地味ならいくら容姿が優れていても、芸能界に入りたいとは思わないだろう。

また、スカウトもそんな田舎まで行くこともない、都会は洗練されているから目立つが、磨けば光るダイヤの原石がまだまだまだ多い。今回はそんな女の子を淳たちが捜索し、プロの美容集団の手により“素敵レディ”へと大変身させる新企画が始動。

しかし、そのロンブー淳が眼鏡をしていることでねっとが騒然となっている。

一体淳になにがあったのか?

今回はロンブー淳の眼鏡の理由を紹介する。

■目次

・ロンドンブーツ淳プロフィール
・ロンブー淳の眼鏡の理由
・ロンブー淳のサングラスはずっとかける?

ロンドンブーツ淳プロフィール

サングラス2

田村淳(たむら あつし)

生年月日1973年12月4日
出身山口県
身長167cm

体重56kg

ロンドンブーツ1号2号で相方・田村亮。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。

高校卒業後、地元プロダクションの東京事務所に『ふぐの助・ふぐ太郎』のふぐの助として所属し、お笑い芸人を目指し上京。

しかし、活動開始早々相方・中川が病気で離脱してしまう。その後一人で芸を磨き、約1年後に10歳年上の男性とコンビを組むが、年齢差を理由に淳の方からコンビ解消を申し出る。その際に同姓だからと紹介されたのが、現在の相方・田村亮である。その後所属プロダクション・吉谷社長の無償移籍快諾で吉本興業へ移籍後、ナインティンナインの次にブレイクする次世代コンビとして活躍する。

2013年9月17日、元ファッションモデルの香那と入籍。MCを務める『ロンドンハーツ』で発表したいという本人の思いから、入籍当日に別企画を放送する名目で3時間生放送スペシャルの枠を設け、放送開始直後に発表した。

参照wiki

▲目次にもどる

ロンブー淳の眼鏡の理由

サングラス3

ロンハーで2016年の年末から、ロンブー淳がメガネをかけて出演することが多くなった。その理由としてはTwitterでも話題になり、「目の病気?」ではないか?」 という声が上がっていた。

基本的におしゃれなイメージがある淳なので、おしゃれでかけているかと思いきや、 ロンブー淳は「最近、光の方が弱くなってきてね」と自身のツイッターでツイート。

撮影するスタジオの照明も強いので目が痛くなるようだ。

おそらくだが目の縮瞳が弱くなってしまったのではないかと予想される。暗いところでもそんなに暗くならない医療用のサングラスみたいなので、おしゃれでかけているわけではない。

サングラス

ギザギザになって稲妻やのこぎりのように見える光が数分続いて見えたあと、頭痛がある場合は、脳の血管障害によるものが考えられる。そうなると脳外科や脳神経外科の受診必要になるが、そこまでではないだろう。

▲目次にもどる

ロンブー淳のサングラスはずっとかける?

サングラス2

老化により視野の中心・端っこに稲妻のような光が走ったり、目を閉じても無数の光がうごめいたり、表れる症状はさまざま。 原因はわかっていないが、眼科でも検査機器の揃った総合病院の受診が良い。

淳が継続してかけ続けるのであれば、光視症の可能性もある。

光視症は飛蚊症と同様、網膜剥離などでも起こり、主に老化(加齢)と共に、 後部硝子体剥離のときに起こる。「網膜と硝子体の間に強い癒着がある」とその部位はすぐに剥がれず、目を動かすたびに硝子体が揺れて網膜が引っ張られてしまう。

このとき網膜が刺激されて実際にはない光を感じる。

網膜と硝子体の癒着が とれれば光は見えなくなり、癒着が長く残り、光視症が数週間から数年間も持続することもあるそうだ。

光視症は、基本的には治療らしきことはしない。
しかも悪化するのもあるので、定期的に受診するよう心がけるしかないようだ。

ロンブー淳の眼鏡の理由はわかっていないが、このままかけ続けるのであれば、光視症で間違いないだろう。