【実話】貧困育ちの不良少年が、 上場企業を創業し、 元首相秘書を経て、史上最年少議員に当選したwwwwww

 


まだデータがありません。

 
◆「だから政治家になった」(幻冬舎刊)1/25発売
母子家庭・貧困育ちの不良少年から、 上場企業の創業に参画し、 元首相の秘書を経て、 県政史上最年少議員に当選した、 中谷一馬が政治家になった理由。
私儀 このたび、拙著としては二作目となります「だから政治家になった」を上梓する運びとなりました。
日常活動と並行して、徹夜作業を繰り返しながら、10万文字近い原稿を書き上げるのは、なかなか骨の折れる作業ではありましたが、仲間たちのサポートのおかげで、なんとかここまで漕ぎ着けることができました。
半人前のしかも落選中の政治家が、出版するというのは、大変おこがましい話であります。それも重々承知の上ですが、私が見てきた社会の底辺における目線を共有することで、読者の皆様にとってお役に立つことがあるのではないかと思い、頂いたチャンスも何かのご縁と感じ、執筆させて頂きました。
内容は、母子家庭の貧困家庭で育ち、厳しい家計を支えるため、中卒で社会に出るもうまくいかず、挫折を繰り返し、社会の荒波にもがき続けた私自身の生い立ちをモデルにしながら、貧困や教育の問題といった日本社会の直面するさまざまな課題を明らかにし、加えて、どのようにすれば道は切り拓けるのかという、より良い未来に向けた具体的な提言をさせていただいております。
アベノミクスが実質的に行き詰まる中、子どもの貧困をはじめ、長時間労働の問題や、要介護切りなど、社会の様々な面で「ゆがみ」が具体的な形をとって表れてきております。こうした社会の課題に対する、改革のための「もう一つの選択肢」を提示させていただいたつもりです。
各方面でご活躍のみなさまにおかれましては、お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ぜひご一読いただき、またほんの一部分でも私の言葉に共感を持っていただいた場合は、ぜひ「Blog」や「SNS」等を通じてご紹介いただければ幸甚です。
この本を1人でも多くの方の手に取って頂き、読者の皆様にとって、この本からなにかしらのプラスに繋がることを心から願っています。
中谷一馬
【内容紹介】
27歳という県政史上最年少の若さで神奈川県議会議員に当選し、 現在は、民進党に所属する政治家・中谷一馬。
母子家庭の貧困育ちで元ヤンキー、飲食店経営からIT企業の創業、元総理大臣の秘書…… と異色の経歴を持つ政治家が、自身の波乱の半生と、 国政で実現すべき具体的な政策について熱く綴る。
 
引用元:http://ameblo.jp/kazuma-nakatani/entry-12252399916.html


まだデータがありません。